高校生が合宿免許に適している理由

学生の方が運転免許の取得を考えられるシーズンというものが大体決まってくることにはなります。その殆どが夏休み期間中に取得をするのか、または春休み期間中にするのかというところで分かれてくるものです。

大学生の方であれば、割と時間の使い方が自由となりますので、どちらかの休み期間中に集中することはありません。
個人の予定の都合によって取得人数はある程度分散されることとなります。
ところが高校生の場合であれば話は別となります。

高校生の内に運転免許を取得される方は、その殆どの方が3年生の最後の春休み期間中に取得することになるのです。



これにはいくつかの理由が考えられます。


まずは校則に関するものになります。

3年生の最後の1月以降にて、または完全に高校を卒業してからという規則が学校側にあったりするものです。それに従わなければならないという規定があります。

その他の理由として考えられるのが、年齢的な問題です。特に普通免許の取得年齢は18歳以降であることが条件となります。

その年齢を満たす時期が、どうしても高校3年生の後半以降となるからなのです。

このような理由から高校生の場合は、最後の休み期間中に運転免許を取得されることが殆どになるのです。



もしそのような方が免許を取得する場合でしたら、休み期間中に合宿免許に参加されることをお薦めします。



合宿免許であれば最短約2週間で卒業まで持って行けます。

休み期間中に卒業しなければならないことを考えますと合宿免許が非常に有利なのです。